「友達からの遊びの上手な断り方を教えてください」20代女性

「友達からの遊びの上手な断り方を教えてください」20代女性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長を務める真面目な生徒として過ごすも親の離婚をきっかけに不良の道へ。更生し20代前半で友人ら3人と会社を興すもすぐに失敗。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebを学び2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と0から『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ

今回のお悩み


私にはちょっとだけ空気の読めない友達がいます。


その子のことは好きか嫌いかでいえば好きなのですが、いつもこっちの都合を考えずに自分の都合だけで遊びに誘ってきます。


他の友達と遊んでいる時とか平日の夜中とか、とにかく困っています。


3回に1回くらいは悪いなと思って仕方なく誘いに乗ることもあるのですが、そろそろ断ることにも疲れてしまいました。


はっきり言えない私も悪いとは思うのですが、何か上手な友達からの遊びの断り方ってないでしょうか?


たーみさん(20代・女性)


私もどちらかといえば人の誘いを断るのが苦手なタイプなので、たーみさんのお気持ちはとてもよくわかります。

また相手が友達となると余計に無下な扱いはできませんし、断り続けることで「付き合いの悪い奴」と思われるのも嫌ですよね。

そこで今回は、そんなたーみさんのお悩みを解決するべく『友達関係を壊さずに遊びの誘いを上手に断る方法』というテーマでリサーチしてみました。

具体的には以下の3つの方法が効果的なようです。

  1. 上手な断り方の公式
  2. 時間を理由に断ってはいけない
  3. 今の気持ちを正直に相手に伝えてみる

本記事がたーみさんのお役に立てれば幸いです。

① 上手な断り方の公式


脳科学や心理学を基にしたライフハックを公開しているサイト『モチラボ』さんによると、上手な断り方には基本となる公式があるといいます。

その公式とは『NO + 理由 + 気遣い』

この公式を用いることで、相手からの誘いを上手に断ることができるようになるといいます。

まずは最初にはっきりと「NO」を伝えること。

長々と理由を述べてからの「NO」という返答は自分の印象を悪くするだけでなく、相手がしつこく食い下がってくる可能性を高めるだけだといいます。

とはいえ、いきなり「イヤだ」「無理」とストレートに伝えるのではなく、「ごめん〜」「残念だけど〜」「すいません〜」といった相手を気遣う言葉を述べてから断ることがポイントであるそうです。

また「誘ってくれてありがとう」といった相手を気遣う言葉を添えたり『代替案を提示する』『逆に提案する』『条件付きでOKを出す』といった方法も効果的であるといいます。

参考 上手な断り方、定番フレーズ20モチラボ

② 時間を理由に断ってはいけない



誘いを断るためには『理由』が必要不可欠です。

なぜなら誘った相手がその理由を知りたがるからですね。

誘いを断ったときに「何で?」と聞かれて「別に理由はない」と答えるのは、さすがにカドが立ちます。

そんな『断る理由』についてですが、メンタリストのDaiGoさんによると「時間を理由に誘いを断ると自分の印象が悪くなる」といいます。

これはオハイオ州立大学などの研究結果から判明したことであるそうなのですが、時間を理由に誘いを断った場合、相手はその理由を信じないのだとか。

つまり「時間がないから〜」や「忙しくて〜」という理由づけをした場合、相手には「ウソだ」と思われてしまうというわけですね。

これは『時間はみんなが同じだけ持っている』という、人としての共通認識から来ているそうです。

そこでDaiGoさんは『本当のことで、かつ具体的でどうしようもない理由で断ること』を推奨しています。

例えば「薬を飲んでいてお酒が飲めない」や「風邪っぽくてうつすといけないから」など、相手に『信じてもらえるような理由』を付けて断ることで、自分の印象が悪くなることを防げるといいます。

参考 嫌われない断りかたの心理学 メンタリストDaiGoオフィシャルブログ

③ 今の気持ちを正直に相手に伝える


最後は『そのまま今の気持ちを正直に相手へ伝える』という方法です。

例えば「ゴメン、今は気が乗らない」や「出かけるのがめんどくさい」といった感じで変に断る理由を考えたりせず、ストレートに今の自分の正直な気持ちを伝えます。

この方法であれば自分に嘘をつく必要がないぶん、断ったことに対する罪悪感は軽くなります。

しかし、オブラードに包まずに相手へ今の気持ちを正直に伝えるわけですから「ヒドイ」と言われたり「イヤなやつ」と思われてしまうこともあるでしょう。

それでもし仮に、このことが原因で本当に友達関係が壊れてしまうようであれば、その友達とはそれまでの関係として割り切るようにします。

かなり極端な考え方ではありますが、それでも誘ってくれる友達こそが本当の意味での友達なのかもしれません。

もちろん自分勝手な理由で誘いを断ってしまった友人には、後日こちらから食事や遊びに誘うといったフォローも忘れてはいけません。

「正直に話して断る」というやり方は、最初はかなり勇気のいる方法だとは思いますが、たーみさんが今後ともそのご友人との信頼関係を築いていきたいというのであれば、このやり方も在りかもしれません。

以上が今回、私のリサーチした調査報告となります。

本記事がきっかけで、たーみさんとご友人により良い友人関係が築けることを願っています。

まとめ
  • 友達関係を壊さずに遊びの誘いを上手に断る方法
  • ・『NO + 理由 + 気遣い』の公式を使って断る
    ・時間を理由に断ってはいけない
    ・今の気持ちを正直に相手に伝える