「友達の定義って何なのでしょうか?」20代女性

「友達の定義って何なのでしょうか?」20代女性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長を務める真面目な生徒として過ごすも親の離婚をきっかけに不良の道へ。更生し20代前半で友人ら3人と会社を興すもすぐに失敗。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebを学び2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と0から『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ

今回のお悩み


私には学生時代からいつも3人で一緒に行動していた親友と呼べる友達がいます。


学校を卒業してからは就職先がバラバラになってしまったせいもあり、月に何度か会うくらいの仲になっていたのですが、そのうちの1人が最近仕事を辞めてしまい、そこから少しずつ友達関係がおかしくなっていきました。


仕事をしている私ともう1人は週1日しか休みがないので仕事終わりの平日はできるだけ家でゆっくりしたいのですが、仕事を辞めた子はヒマなのか毎日連絡をしてきます。


毎回断るのも悪いと思ってたまに誘いに乗っても「お金がない」と言ってほぼ毎回、私かもう1人の子が食事代やカラオケ代を払う羽目になります。


この間あまりにも身勝手なことばかりをいうので「いいかげんにしてよ!」と怒ったところ「友達だと思ってたのに・・」と返されて何も言えなくなってしまいました。


友達の定義って何なのでしょうか?


ゆーまるさん(20代・女性)


社会に出ると学生時代のような友人関係を続けていくことはどうしても難しくなってしまいます。

そんな中、ご親友の1人が仕事を辞められてしまったことでゆーまるさんのご友人関係は少しだけ複雑になってしまったようですね。

『友達の定義』は人や環境などによって様々ですので「これが正解です」と一言で申し上げることは非常に難しいのですが、今回はこの先ゆーまるさんがより良い友人関係を築くことができるような『ヒント』をできる限り集めてみました。

具体的には、下記の3項目でまとめてあります。

  1. 友達・親友の定義
  2. 友達に関する名言・格言
  3. 私からの個人的なアドバイス

本記事がこれからのゆーまるさんのお役に立てれば幸いです。

① 友達・親友の定義


冒頭でも申し上げたように「友達の定義」は人や環境によって様々なので、これといって明確な答えがあるわけではありません。

そんな中、アメリカで若者に大人気のWEBメディア『ELITE DAILY(エリート・デイリー)』にとても面白い記事が掲載されていましたので、ゆーまるさんへご紹介したいと思います。

それは『永遠に親友と呼べる人の資質』というエントリーです。

参考 Qualities Your Best Friend Should Have To Make It Last Forever(英語サイト)ELITE DAILY

この記事によると以下の9つの条件が「永遠の親友になりうる人」の特徴であるといいます。

01:秘密を守れる人

これは日本的にいうと「口の固い人」ですね。

どんな秘密に対しても口が固い人はゆーまるさんの秘密も決して漏らさない信頼できる人であるということのようです。

02:どんな時も側にいてくれる人

仮にゆーまるさんがどんな状況に陥っていても、何も聞かずに側にいてくれる人こそが親友と呼ぶにふさわしい人です。

03:あなたの好きなことを熟知してくれている人

ゆーまるさんの好きなもの、好きなこと、好きな有名人などを理解してくれている人は、どんな質問にも答えてくれるかけがえのない親友となりうるでしょう。

04:最悪な日でも元気付けてくれる人

仮にゆーまるさんが「今日は本当に最悪な日だった」と感じた日に元気付けてくれそうな人はいますか?

もしかするとその人が、本当の親友と呼べる人であるかもしれません。

05:どんなに愚かなことをしてもあなたを裁こうとしない人

ゆーまるさんが間違ったことをしたとき、そのことを個人的な感情や理屈で裁くのではなくきちんとした理由を持って怒ったり指摘してくれる人は、ゆーまるさんにとって親友である可能性が高い人です。

06:ユーモアのセンスが同じ人

これも日本的にいうと「笑いのツボが同じ人」ですね。

ゆーまるさんが笑うところで一緒に笑い、ゆーまるさんのジョークで相手が笑うといったような『ユーモアセンスの共有』は親友と呼べる人との間には必要な要素であるようです。

07:残酷なことも正直に言ってくれる人

残酷なことも正直に言ってくれる友達、そしてゆーまるさんがそれを言われても相手を信用できると思える人こそがゆーまるさんが親友と思うべき人です。

08:変な癖まで理解してくれている人

仮にゆーまるさんが『他の人のとっては少し迷惑な癖』を持っていたとして、その癖すらも理解して受け入れてくれる人こそがゆーまるさんにとっての親友と呼べる人です。

09:一緒の空間にいても安心できる人

一緒にいるときにまるで自分の家にいるかのような安心感を得られる友達は、ゆーまるさんにとっての親友である可能性が高いです。


以上の9つがエリート・デイリーによる『永遠の親友になりうる人の特徴』です。

ただしこれは「アメリカの文化」が基になっているところもあるので、ゆーまるさんなりに少し日本風にアレンジしながら参考にしていとだくと良いでしょう。

② 友達に関する名言・格言


次は世界中で有名な『友達に関する名言・格言』の中から、今のゆーまるさんにご紹介したい言葉を3つ集めてみました。

名言と呼ばれるだけあって、なかなかに深くて考えさせられる言葉も多いので、ぜひこちらもご一読ください。

友人の果たすべき役割は間違っているときにも味方すること。
正しいときには誰だって味方になってくれる。

マーク・トウェイン(アメリカの小説家)

友人とはあなたについて全てのことを知っていて、それにも関わらずあなたを好んでいる人のことである。

エルバード・ハーバード(アメリカの作家)

友情のための最大の努力は、 友人に我々の欠点を見せることではない。 彼に彼の欠点を悟らせることだ。

ラ・ロシュフコー公爵(フランスの貴族・文学者)

③ 私からの個人的なアドバイス


最後は私からの個人的なアドバイスなのですが、私は「どこからどこまでが友達」や「友達とはこうあるべき」といった線引きや定義はあまり意味がないのかなと思っています。

もともと『友達』とは、とても抽象的な概念なので、ゆーまるさんが「一緒にいて楽しい」や「相手のことを80%くらいは信用できる」くらいのフワッとした感覚だけでも十分にその方を友達と呼んで差し支えないと思います。

また仕事を辞めてしまわれたご友人に新たな就職先が見つかれば、今のおかしくなってしまった友人関係も元通りになるかもしれません。

もし今のゆーまるさんに心や時間的なゆとりがあるのであれば、ご友人と一緒になって新しい就職先を探してあげるという方法も良いかもしれませんね。

以上が今回、私がリサーチした調査報告となります。

本記事がゆーまるさんやご友人のお役に立てると幸いです。

まとめ
  • 永遠の親友になりうる人の特徴
  • 01:秘密を守れる人
    02:どんな時も側にいてくれる人
    03:あなたの好きなことを熟知してくれている人
    04:最悪な日でも元気付けてくれる人
    05:どんなに愚かなことをしてもあなたを裁こうとしない人
    06:ユーモアのセンスが同じ人
    07:残酷なことも正直に言ってくれる人
    08:変な癖まで理解してくれている人
    09:一緒の空間にいても安心できる人
  • 私からの個人的なアドバイス
  • ・「一緒にいて楽しいかどうか」「相手のことを80%くらい信用できるかどうか」くらいで十分