「サイコパスとはどんな特徴を持った人の事ですか?」20代男性

「サイコパスとはどんな特徴を持った人の事ですか?」20代男性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長も務める真面目な生徒として過ごすも、親の離婚をきっかけに素行が乱れ地元の暴走族に。更生し20代前半で会社を興すもわずか半年で倒産。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebデザインやマーケティングを学び、2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ。

今回のお悩み

よろしくお願いいたします。

いきなり変なご相談で誠に恐縮なのですが、サイコパスとはどんな特徴を持った人の事なのでしょうか?

私は介護職員として地元地域の高齢者グループホームで働いています。

自分の仕事については大きなやりがいを感じていて、介護職員である自分にも誇りを持っています。

しかしつい先日、私のことを一番よく知る学生時代の友人から「お前ってサイコパスだよな」と言われました。

最初は冗談だと思ってあまり深く考えることはなかったのですが、YouTubeのサイコパス犯罪者の動画を見てから、ちょっとした不安に襲われています。

サイコパスは自分で自覚症状がなく、ある日突然おかしな行動に出たり犯罪を犯したりするのだそうです。

YouTubeで見た犯罪者の職業が介護関係であったことも、私が不安を感じた要素になっています。

私もある日突然おかしくなったりしてしまうのでしょうか?

もしよろしければサイコパスの特徴などについて詳しく調べていただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。


ともきさん(20代・男性)


ご相談ありがとうございます。

ともきさんご自身もおっしゃられていますが、サイコパスは自分がサイコパスであるという自覚がない人のことなので「自分がサイコパスなのかも知れない」と思われている時点で、おそらくともきさんは大丈夫だと思います。

とはいえ、これだけの回答ではご不安でしょうから、今回はともきさんのために『サイコパスな人の特徴』について色々と調べてみました。

本記事がともきさんのお役に立てると幸いです。

サイコパスな人の特徴とは?


カナダの犯罪心理学者であり、サイコパシー研究者の第一人者ともいわれるロバート・D・ヘア教授によると「サイコパス(マイルド・サイコパス含む)は人口に対して1%〜数%の割合で存在する」といいます。

また反社会的な人格や思想を持ったサイコパスは『男性が3%』『女性が1%』ほど存在するといい、女性よりも男性の方が若干サイコパスである比率が高いというデータもありました。

ただしこれは「女性はサイコパスではなく『パーソナリティ障害』と診断されてしまうケースが多いから」や「女性はサイコパスではないという先入観がある」という見方もあるようです。

サイコはパスは定義上『反社会的な人格を持つ人』とされており、一番大きな特徴は『良心が欠如している点』であるといいます。

ロバート・D・ヘア教授は、サイコパスの主な特徴を以下のように定義しています。

  • 良心が異常に欠如している
  • 他者に冷淡で共感しない
  • 慢性的に平然と嘘をつく
  • 行動に対する責任が全く取れない
  • 罪悪感が皆無
  • 自尊心が過大で自己中心的
  • 口が達者で表面は魅力的


また比較的これらの症状が軽く、反社会性の低い『マイルド・サイコパス』という存在もあるようです。

マイルド・サイコパスはサイコパスな気質を持っていながらも社会的に適合しており、成功を収めている事例も多いことから「成功したサイコパス」とも呼ばれているそうです。

サイコパスほどではないにせよ、マイルド・サイコパスが周りに与える影響も深刻で「何らかのハラスメント行為に及びやすい」「部下の離職率が高い」といった特徴があるといいます。

サイコパスの多い職業


イギリスの心理学者であるケヴィン・ダットン教授は『サイコパスの多い職業』として上位10職を挙げています。

  • 企業のCEO
  • 弁護士
  • 新聞記者
  • ジャーナリスト
  • 外科医
  • 警察官
  • 聖職者
  • 軍人
  • コック
  • 小売業者


サイコパスは変化とスリルを好む傾向にあるため、状況が安定していないこれらの職業に就きやすいといいます。

また『地道な仕事はできないタイプが多い』といい、職場環境を「協調し合う場所」ではなく「競争的な場所」と捉えていることが多いそうです。

ちなみにケヴィン・ダットン教授が他で挙げている『推測を含むサイコパスが多い職業』の中にも、ともきさんが従事されている『介護職』は含まれていませんでした。

サイコパス診断


ここまで様々なサイコパスの特徴をお伝えしてきましたが、冒頭でご紹介したカナダの犯罪心理学者であるロバート・D・ヘア教授は『サイコパシー・チェックリスト』という自分でサイコパス診断ができるツールを公開しています。

ただしこのチェックリストは、本来であれば専門家が付き添って行う複雑な臨床診断が必要なものであるため、一般人が行う場合はあくまでも参考程度に留めておくようにとの注意書きもありました。

ロバート・D・ヘア教授によるオリジナルのサイコパシー・チェックリストは英語版しか見つけることができなかったので、今回は日本の有志の方が翻訳された日本語版の診断サイトをご紹介しようと思います。

参考 サイコパス・テスト(診断)サイコパスとは何か


ちなみに私は『19/40』で「サイコパスではない」と診断されました。

以上が私からの調査報告となります。

本記事を見たともきさんが、明日から安心して日常を過ごせることを願っています。

まとめ
  • サイコパスな人の特徴
  • ・良心が異常に欠如している
    ・他者に冷淡で共感しない
    ・慢性的に平然と嘘をつく
    ・行動に対する責任が全く取れない
    ・罪悪感が皆無
    ・自尊心が過大で自己中心的
    ・口が達者で表面は魅力的
  • サイコパスの多い職業
  • ・企業のCEO
    ・弁護士
    ・新聞記者
    ・ジャーナリスト
    ・外科医
    ・警察官
    ・聖職者
    ・軍人
    ・コック
    ・小売業者