「勉強が頑張れないので将来が不安です」10代男性

「勉強を頑張れない。将来が不安です」10代男性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長も務める真面目な生徒として過ごすも、親の離婚をきっかけに素行が乱れ地元の暴走族に。更生し20代前半で会社を興すもわずか半年で倒産。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebデザインやマーケティングを学び、2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ。

今回のお悩み


中三です。勉強が全然頑張れません。


もともと勉強は嫌いで、仲のいい周りの友達もみんなそんな感じでした。


でも中3になってから急に友達が勉強をするようになって焦っています。


勉強を頑張ろうとは思うのですが、あまり集中できずにすぐ他ごとをしてしまいます。


お母さんに勉強をしろと言われると、余計に勉強をやりたくなくなります。


勉強をやりたくないわけではないのですが、勉強をはじめると全然頑張ることができません。


このままだと将来が不安です


勉強を頑張れない理由とかってあるんでしょうか?


もし誰でもできる勉強の頑張り方とかあったら知りたいです。


Dキングさん(10代・男性)


私も子供のころは勉強が大嫌いなタイプだったので、Dキングさんのお気持ちがすごく良くわかります。

ちなみに私は中学3年になっても勉強をサボり続け、受験間近になってから『とにかく頭に詰め込めるだけ詰め込む』という古来からの付け焼き刃的な勉強法をとった結果、望む高校へ行けなかったという苦い思い出があります。

もし今のDキングさんに行きたい高校があるのであれば、まずはそこに合格することを目指して、本記事では『勉強を頑張れない理由』とともに『上手な勉強の頑張り方』をお伝えして行きたいと思います。

具体的には下記の3部構成となっています。

  1. 勉強を頑張れない理由は脳の仕組みにあり
  2. 『頑張る』って何?
  3. 上手な勉強の頑張り方

本記事がDキングさんのお役に立てれば幸いです。

① 勉強を頑張れない理由は脳の仕組みにあり


まずはDキングさんが一番気になられている『勉強を頑張れない理由』についてですが、この理由はとても簡単で『人間の脳はもともと頑張るようにできていないから』です。

これは勉強に限らずスポーツや仕事でも同じで、とにかく人間の脳は『楽をしよう』とするようにできています。

これは慣れ親しんだ毎日(コンフォートゾーンといいます)が頑張ることによって変化してしまうことを避けようとするためであるといわれています。

原始時代の人類は食料を確保することが困難で『毎日を安心して暮らす』という、今では当たり前のことすら非常に厳しい時代でした。

そんな中、一部の生き残った人たちは良い狩場を見つけたり仲間内でグループを作ったりすることで、何とか安定的な暮らしを手にすることができました。

しかしさらにその中の一部の人たちは「もっと良い暮らしを」と欲張った結果、次々と死んでいってしまったのです。

この経験から人間の脳はある程度、居心地のいい慣れ親しんだ毎日を手に入れたら、あとはできるだけ『今の状態を守るため』に頑張らないようになっていったといわれています。

これが『今でも人間のDNAに組み込まれている本能の1つ』です。

人間の本能は最初期の人類が作り上げたもので、基本的には『死なないこと』を最優先して構成されているといわれています。

つまり人間の脳は『必要以上に頑張らないようにできている』というわけですね。

②『頑張る』って何?


『頑張る』の定義(意味)は人それぞれですが、個人的には「もう無理だと思ったところから、もう一歩踏み出すこと」だと思っています。

また『頑張るの定義は人それぞれ』といいましたが、例えばDキングさんが「あの人すごく頑張ってるな」と思っている人がいたとします。

でも実際に本人に聞いてみると「それほど頑張っているつもりはない」といわれてしまった経験はありませんか?

例えば毎日、お母さんが家中の掃除や家族の食事の用意をしていたとして、Dキングさんは「お母さんはいつも頑張っているなぁ」と思っていたとしても、当のお母さん本人は「当たり前のこと」だと思っていた、などといったケースです。

これはDキングさんが頑張っているなぁと思っていた人が、意識的であれ無意識的であれ『上手く脳をコントロールできている状態』であるために起こる現象です。

つまり『頑張っている』と当人の脳が思っていないので、その人は全くツラくないというわけですね。

この原理を応用すると、Dキングさんが無理なく勉強を頑張れるようになるためには、Dキングさんの脳に『勉強を頑張っていると思わせないようにすれば良い』というわけです。

③ 上手な勉強の頑張り方


ではここからは、そんな人間の脳の仕組みを踏まえて『上手な勉強の頑張り方』をお伝えしていこうと思います。

ちなみにこの方法は勉強だけでなく、スポーツや仕事などの他分野でも活かせるやり方なので、ぜひとも試してみてください。

まずは自分のために頑張ることを決意する


まずこれからDキングさんが勉強を頑張るのは、お母さんやお父さん、また学校の友達や先生たちのためではなく『Dキングさん自身のため』であることを決意(自覚)しましょう。

これは『あとから人のせいにできないようにする』ためです。

「お母さんに勉強をしろと言われるとやる気がなくなる」のは、Dキングさんがどこかで勉強が頑張れないことをお母さんのせいにしているからです。

世の中では「自分がやったことの責任は自分で取る」と思っている人のほうがメンタルも強く、人からの信頼もあついです。

こうした人のことを『主体性のある人』というのですが、大人になってからも主体性を発揮している人の方が成功者になりやすい傾向にあります。

ですのでDキングさんも「これから勉強を頑張るのは自分のためで、全て自分の責任だ」と無理矢理にでも考えるようにしましょう。

この経験は必ず大人になってからも良いと教訓となり、Dキングさんがこの先の人生で成功するための糧にもなります。

勉強を習慣化する


今のDキングさんは『勉強をやり始めるまで』が一番大変だと感じているのではないでしょうか?

そして頑張って勉強を始めてみても、すぐに嫌になって気が散ってしまう。

実は人間の脳は『やる気を起こす成分』を分泌してくれるという機能があるのですが、この成分はやっかいなことに『何かをやり始めないと』分泌されません。

つまり『勉強をやりはじめないと、勉強へのやる気が起きない』というわけですね。

そしてこの脳の仕組みに対処する方法は・・・・残念ながらありません。

とにかくやり始めるしかないのです。

では毎回、勉強をやり始めるたびに辛い思いをしなくてはならないかというと、実はそうでもありません。

人間の脳には『習慣化してしまうと辛さを感じなくなってくる』という嬉しい特性があります。

これは最初にお話しした『慣れ親しんだ毎日(コンフォートゾーン)』の中に、新しく始めたこと(勉強をすること)が仲間入りできたことの証でもあります。

つまり『勉強すること』を習慣化(コンフォートゾーンへの仲間入り)させてしまえば、別に頑張らなくても勉強をすることができるようになるというわけです。

習慣化さえできてしまえば、そこからは大して頑張らなくても勉強をはじめることができるようになるだけでなく、その後は脳が勝手にやる気成分を分泌してくれるので自然と勉強に集中して取り組めてしまうというわけですね。

ちなみに平均して2週間ほどで、人は新しく始めたことを習慣化することができるようになるといわれています。

つまり最初の2週間だけ頑張れば、あとはそれほど頑張らなくても勉強に取り組めるようになるのです。

これがDキングさんが「頑張っているなぁ」と思っていたけど、当人は頑張っているつもりがなかったという状況の理由です。

この脳の仕組みを理解すれば、スポーツでもダイエットでも『最初の2週間を乗り越えるだけ』で自然と頑張ることができるようになります。

ぜひこの方法を活用して、これからの受験勉強を頑張ってみてください。

本記事がDキングさんのお役に立てることを心より願っています。

まとめ
  • 勉強を頑張れない理由
  • ・人間の脳は頑張るようにできていない
  • 『頑張る』とは?
  • ・もう無理だと思ったところから、もう一歩踏み出すこと
  • 上手な勉強の頑張り方
  • ・まずは自分のために頑張ることを決意する
    ・勉強を習慣化する