「高校を辞めたいです」10代男性

「高校を辞めたいです」10代男性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長も務める真面目な生徒として過ごすも、親の離婚をきっかけに素行が乱れ地元の暴走族に。更生し20代前半で会社を興すもわずか半年で倒産。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebデザインやマーケティングを学び、2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ。

今回のお悩み


僕は普通の高校生なんですが、勉強も部活も微妙でこれといった取り柄もありません。


友達は数人くらいならいますが親友と呼べるかは微妙で、自分の本音を相談できるほどは信頼していません。


今の高校も中3のときに親や先生にここにしろと言われて決めた学校なので、別に行きたくて行っているわけでもありません。


最近は毎日が退屈でくだらなすぎて、学校に通っている意味もわからなくなりました。


ちょっとネットで調べてみたら、ホリエモンも「高校に行く必要はない。今の小中高は9割が意味ない」と言っていました。


こんな意味のない学校に通うくらいなら、今すぐにでも学校を辞めたいです。


山田ライオンさんはどう思いますか?


キョウスケさん(10代・男性)


私もどちらかといえば、今の日本の学校教育には疑問を感じている側の人間です。

ですので堀江さんの言われる「小中高の9割は無意味」という意見には、おおむね賛同します。

ただ今のキョウスケさんが、堀江さんの言葉の表面だけを聞いて「学校は意味がないから辞める」というのは少し違うかなと感じました。

というのも、今のキョウスケさんの言葉の中には『自分の頭で考えたこと』が含まれていません。

例えば「親や先生が決めた学校だから」や「堀江さんがそう言っているから」などですね。

これは今のキョウスケさんが『依存している状態』であると言い換えることができます。

社会に出るとわかるのですが、大人になってからも依存的な人はたくさんいます。

自分で決断すべきことを他人の意見に委ねたり、失敗を環境や他人のせいにする人たちのことですね。

依存的な人はいつも何かに対して不満や不安を抱えていたりイライラしていたりと決して幸せそうには見えず、社会的な地位や収入も比較的低めな人が多いです。

反対に自分のことは自分で決めて責任感も行動力もある人、これを『主体的な人』といいますが、主体的な人は人生を楽しんでいたり、社会でも人望が厚かったり高い地位についていたりします。

確かにまだ世の中の仕組みがよくわからない10代のうちに、自分の将来の進む道を決めることは非常に難しいと思います。

それでも高校生という立場は、世の中からも『半分は大人』として見られることが多いので、自分なりの考えを持って自分の責任で物事を決めて進めていく必要があります。

その結果が「学校を辞める」のであれば辞めればいいでしょうし、そうでないなら今は学校を辞めるべきではないと思います。

もちろん壮絶ないじめを受けていたり、友達との人間関係が上手くいかずに精神的にも追い詰められているような状況であれば話は別ですが、今のキョウスケさんの場合はそうではないはずです。

非常に前置きが長くなってしまいましたが、今回の記事では学校を辞めるのか、辞めないのかの判断をキョウスケさん自身の考えで決められる方法をご紹介しようと思います。

具体的には下記の3項目となっています。

  1. 学校を辞めたい理由を書き出してみよう
  2. 自分の好きなこと、やりたいことを書き出してみよう
  3. 決断の責任は自分にあると心得よう

本記事がキョウスケさんのお役に立てると幸いです。

① 学校を辞めたい理由を書き出してみよう


今回ご紹介する方法は、一般的に『ブレインダンプ』や『ブレインストーミング』と呼ばれ、企業が企画会議で用いたり個人が重要な決断をする前に行う、自分の頭の中を整理するための方法です。

世の中には『自分の考えを自分で明確に理解している人』というのは、実はほとんどいないと言われています。

キョウスケさんも「本当はわかっていたはずなのに、なぜか答えや対応を間違えてしまった」という経験はありませんか?

これは人間の脳の中にあるものすごい量の情報が整頓されておらず、常にごちゃごちゃしているせいで起こる現象です。

この脳の中に散らばった情報を一旦紙に書き出すことで、自分の考えや得た情報を整頓するという作業が『ブレインダンプ』と呼ばれる手法になります。

『人間の脳の中の情報』というとちょっとスピリチュアルなイメージを持たれるかもしれませんが、ブレインダンプは特に海外の企業などでの商品開発や企画会議にも用いられることもあるごく一般的な方法なので、どうぞ安心して実践してみてください。

ちなみに私も重要な決断をしなければならないときや新しいビジネスのアイデアを絞り出したいときには、今でもブレインダンプを活用しています。

ブレインダンプは結構疲れる作業なのですが、終わったあとは頭がすっきりして爽快な気分にもなれるので、この先も何か困ったことがあればとりあえずブレインダンプをしてみるというのも良いでしょう。

それではまず「キョウスケさんは本当に学校を辞めるべきなのか?」をキョウスケさん自身に問うために『学校を辞めたい理由』をブレインダンプで書き出していきましょう。

具体的なブレインダンプのやり方は、下記の動画が非常にわかりやすく解説してくれているので、まずはこちらを参考にしながら行ってみてください。

② 自分の好きなこと、やりたいことを書き出してみよう


次に『自分の好きなこと、やりたいこと』をブレインダンプを使って書き出していきます。

ただし『学校を辞めたい理由』でブレインダンプをした後は、かなり脳が疲れている状態だと思いますので、最低でも数時間は休憩を取ってから次を行ってください。

今回の『自分の好きなこと、やりたいこと』は、先ほどの『学校を辞めたい理由』よりもテーマがポジティブなので、より楽しみながらブレインダンプを行えるかと思います。

今さらではありますが、好きなことややりたいことはキョウスケさんが「できるかどうか?」や「できそうかどうか?」は全く重要ではないので、とにかく自由に思いつくまま書き出してみましょう。

③ 決断の責任は自分にあると心得よう


最後はブレインダンプによって書き出した、キョウスケさんの『学校を辞めたい理由』と『自分の好きなこと、やりたいこと』の紙を見ながら、今後の自分の方針を決めていきます。

この時点で誰かに相談をすることも否定はしませんが、できればまずは『ご自身の判断』で決められることをお勧めします。

そうすることで、今回下した自分の決断を「誰かのせい」にすることができなくなり、強制的に自分で責任を取ることになります。

例えば学校を辞めるという決断を下した場合「学校に行くためにかかった費用を親に返済する」「通信制の高校に通い、高卒の資格を取得する」といった感じで、自分の決断には自分で責任を取る方法もきちんと考えます。

かなり無責任な物言いだと思われるかもしれませんが、これらはキョウスケさんが主体的な人になるための試練だと思えば、決して高くはない代償であると思っています。

重要なのは『自分で決めたことなのかどうか?』と『自分で責任が取れるかどうか?』です。

本記事がキョウスケさんの今後を決めるヒントとなれれば幸いです。

まとめ
  • 今すぐ学校を辞めたい・・
  • ・まずはブレインダンプで「学校を辞めたい理由」を書き出してみよう
    ・次にブレインダンプで「自分の好きなこと、やりたいこと」を書き出してみよう
    ・自分の考えと責任で決断してみよう