「楽な仕事で正社員になれる仕事を探しています」40代男性

「楽な仕事で正社員になれる仕事を探しています」40代男性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長も務める真面目な生徒として過ごすも、親の離婚をきっかけに素行が乱れ地元の暴走族に。更生し20代前半で会社を興すもわずか半年で倒産。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebデザインやマーケティングを学び、2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ。

今回のお悩み

よろしくお願いいたします。

私はつい先日、20年近く勤めた会社を辞めました。

会社を辞めた理由や言いたいことはたくさんあるのですが、今回のご相談はそのことではありません。

今の私は就職活動をしている身なのですが、貯金も少なく数ヶ月分ほどの蓄えしかない中、なかなか良い仕事に巡り会えないことに焦っています。

20年近くも同じ会社にいたせいか、世の中の動向がどのようになっているかという感覚も全く掴めず、ただただ途方に暮れています。

前職は製造業であったのですが、可能であれば同じような職ではない全く新しい職を希望します。

体力にも自信がある方ではなく、40歳という年齢もあり20代の若者たちの下で新人として働くのも少々厳しいと思っています。

誤解を恐れずに言わせていただくのであれば、楽な仕事でこの歳からでも正社員として雇っていただける会社を探しています。

何か良いアドバイスをいただけると幸いです。


棚橋さん(40代・男性)


40代で会社を辞められたということで様々なご事情もありそうですが、まずは棚橋さんの心中お察しいたします。

そんな棚橋さんのお悩みに応えるべく、今回は『40代からの転職』『楽で正社員になれる仕事』というテーマでリサーチを行ってみました。

本記事が棚橋さんのお役に立てると幸いです。

40代で転職する際の注意点


40代向けの転職メディアであるセカンドコングさんによると「40代からの転職は一般的に厳しく、十分に準備をしながら慎重に進める必要がある」といいます。

その理由は『40代での転職は即戦力性が求められるから』や『メンバーとしてではなくマネジメント能力を問われるから』であるといい、これまでの仕事における経験や実績が重要であると述べられています。

また「育成をするなら若年層を取りたい」「現場責任者よりも年下の人間を採用したい」という企業側の本音もあるようで、40代で未経験業界への転職が難しい理由として挙げられていました。

それでも「40代での転職に成功している人もたくさんいる」といい、決して不可能なことではないといいます。

参考 40代の転職を応援セカンドコング

楽な仕事・正社員になれる仕事


次に『楽な仕事』と『40代からでも正社員になれる仕事』というテーマでリサーチを行い、棚橋さんの新しい転職先候補となりそうな仕事を4職ピックアップしてみました。

楽な仕事については『体力的に楽な仕事』と『精神的に楽な仕事』、さらには『給料』と『正社員候補の可能性』という4つの項目でそれぞれ5段階の評価もつけてみたのでご覧ください。

施設警備員


まずは施設警備員のお仕事です。

40代以上で転職される方が多い職業として真っ先に目に止まったのが施設警備員の仕事でした。

ただし警備員として募集をかけている会社の中には、キツい仕事といわれることも多い『工事現場の誘導警備員』に回せる人材を探しているところもあるそうなので注意が必要です。

施設警備員とは主にショッピングモールや工場などに配属される常駐警備員のことで、職場によってはモニターの監視や書類整理などほとんどの仕事を座って行えるところもあるようです。

また棚橋さんが夜勤に抵抗がなければ夜のビルや商業施設の警備はかなり楽な仕事であるようで、体力的・精神的にも負担が少ないといわれています。

最初はバイトやパートでの募集であっても1年ほど勤めれば正社員になれるという会社も多いようですので、今の棚橋さんにはお勧めの仕事かもしれません。

施設警備員
給料 ☆☆
体力的な楽さ ☆☆☆☆
精神的な楽さ ☆☆☆☆
正社員雇用の可能性 ☆☆☆

営業職


営業は向き不向きの大きく分かれる仕事ではありますが、40代の未経験者であってもとりあえず雇ってくれるという会社も多く、中途採用からの高収入も十分に狙える職業であるようです。

またグループでなく単身で営業を行うスタイルを採用している会社の多くは、クライアントと会う以外の時間は自由というケースもあり、人によっては楽な仕事であるといわれているようです。

営業社員は基本的に正社員を募集しているケースが多いので、棚橋さんが営業職にご興味があるのであればこちらもお勧めです。

営業職
給料 ☆☆〜☆☆☆☆☆
体力的な楽さ ☆☆☆
精神的な楽さ ☆☆
正社員雇用の可能性 ☆☆☆☆☆

トラック運転手


普通免許さえ持っていれば4t車まで運転することができるので、棚橋さんが自動車免許をお持ちで運転が好きなのであれば、トラックの運転手というお仕事もありかもしれません。

ただしトラック運転手は渋滞や取引先の都合などで就業時間が乱れやすく、生活が不規則になりがちな職業でもあるようです。

残業手当をきちんとつけてくれる会社であれば良いのですが、そうでない場合はサービス残業ばかりが増えてしまうので注意が必要です。

トラック運転手は基本的に一人で運転している時間が長いので人間関係に気を使う場面が少なく、これが精神的に楽だという人も多いのだとか。

また『手積み手降ろしなし』という会社を選べば荷積を行う必要がなく、体力的にも楽になるといいます。

トラック運転手も正社員を募集しているケースが大半なので、その点も問題なさそうです。

トラック運転手
給料 ☆☆☆〜☆☆☆☆
体力的な楽さ ☆☆☆
精神的な楽さ ☆☆☆☆
正社員雇用の可能性 ☆☆☆☆☆

タクシー運転手


最後はタクシー運転手です。

タクシー運転手も基本的には一人の時間が長いため「あまり気を使う仕事はしたくない」「精神的に楽な仕事がしたい」という方にも人気の職業であるようです。

会社や配属地域にもよりますが意外と高収入を狙える仕事でもあるようで、40代で転職してから数年で年収500万円を超える方もいるのだとか。

タクシー運転手になるには普通免許だけでなく『2種免許』が必要ですが、基本的に正社員として雇用したのちに会社の費用で免許を取らせてくれるところがほとんどであるようです。

ただし就業時間が不規則であったり労働時間が長くなるケースも多いようなので、体力はそれなりに必要とのこと。

タクシー会社は転職希望者に対する説明会を行っている会社も多いようなので、ご興味があるようであれば、一度こちらの説明会に参加されてみるのも良いかもしれません。

タクシー運転手
給料 ☆☆☆〜☆☆☆☆
体力的な楽さ ☆☆☆
精神的な楽さ ☆☆☆
正社員雇用の可能性 ☆☆☆☆☆


以上が今回、私のリサーチした調査報告となるのですが、棚橋さんがこれらの仕事がどれもイマイチだと思われる場合は下記のようなキャリア相談サービスにご相談されてみるのも良いかもしれません。

参考 友達でもない、上司でもない相談相手mentors


上記のmentorsさんはよくある転職支援サービスとは違い『外部メンター』という立場から転職の相談に乗ってくれるそうで「友達とも上司とも違う」という少し変わった視点からのアドバイスがもらえる特徴的なサービスを展開しています。

こうした転職やキャリア相談のプロの力を借りることで、意外とあっさり棚橋さんが希望される理想の転職先が見つかるかもしれません。

本記事が棚橋さんの新しい門出のきっかけとなれれば幸いです。

まとめ
  • 40代で転職する際の注意点
  • ・即戦力を求められやすい
  • 楽な仕事・正社員になれる仕事
  • ・施設警備員
    ・営業職
    ・トラック運転手
    ・タクシー運転手