「営業職に向いていないことに気が付いてしまいました」20代男性

「営業職に向いていないことに気が付いてしまいました」20代男性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長も務める真面目な生徒として過ごすも、親の離婚をきっかけに素行が乱れ地元の暴走族に。更生し20代前半で会社を興すもわずか半年で倒産。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebデザインやマーケティングを学び、2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ。

今回のお悩み

私は新卒でワインの営業をする会社に就職したのですが、自分が営業職に向いていないことに気がついてしまいました。

この会社を選んだ理由は別にワインが好きだったからとかではなく、単純に営業という仕事が面白そうだと思ったからです。

大学で少しだけマーケティングを勉強していたので入社する前は自信もあったのですが、今ではもう辞めることばかりを考えています。

私は元々人見知りで面と向かって人と話すことが得意な性格でもなく、同期で入った人たちが顧客の前でかなり強めに商品を勧めているところを見ると「マジか」と思ってしまいます。

一時期は営業マンのための本とかも読んで自分なりに結果を残そうと頑張ってみたのですが、どれも自分には合わないと思い結局、成績も悪いままです。

インセンティブがある営業の仕事自体は嫌いなわけじゃないのですが、私の性格に営業職が向いていないのだと思います。

ワインではない別の商材を扱う会社への転職も考えたのですが、今より厳しいノルマを乗り越えられる自信もなく、結果を残せる自信もありません。

今の私が営業の仕事を続けられる何かいい方法はないでしょうか?

よろしくお願いします。


ポコリーマンさん(20代・男性)


営業職は『向き不向きがはっきりと別れる仕事』であるそうで、実際にポコリーマンさんのようなお悩みを抱えている営業の方も多いといいます。

ただポコリーマンさんが他の方と違うところは「営業の仕事自体は嫌いじゃない」という点です。

普通は成績が悪かったり会社からのノルマのキツさで営業の仕事自体が嫌いになってしまう人も多いそうですが、その点でいえばポコリーマンさんはまだ可能性を感じます。

そこで今回は『ポコリーマンさんが営業の仕事を続けられる方法』についてリサーチしてみました。

具体的には下記の3つの方法が効果的そうです。

  1. 自分に似た性格の先輩を探してみる
  2. 自分の興味がある商材を扱う会社へ転職してみる
  3. Webマーケティング業界へ転職してみる

自分に似た性格の先輩を探してみる


まずは現状をそれほど大きく変える必要のない対策として『自分に似た性格の先輩を探してみる』という方法をご提案したいと思います。

ポコリーマンさんは人見知りで対面の営業があまり得意でないとのことですが、世の中にはポコリーマンさんと同じような性格の方であっても好成績を残している営業マンの方も多くいらっしゃるようです。

なぜなら人見知りの方は『聞き上手』や『相手の気持ちに共感しやすい』といった良い側面も持ち合わせているため、相手の人から信用を得られやすいという特徴があるからなのだとか。

ですので、まずはポコリーマンさんの会社内でポコリーマンさんと良く似た性格の先輩で結果を残されている方を探してみてください。

そしてその方が行っている仕事のやり方や話し方を真似てみる、可能であれば直接ご本人から営業のノウハウを教えてもらうという方法をお勧めします。

もし社内にそのような方がいない場合には、次項の方法をお試しください。

自分の興味がある商材を扱う会社へ転職してみる


営業の仕事で一番重要なポイントは『お客さんから信用されること』ですが、そのためには『お客さんの幸せを本当に願えること』と『扱う商材が好きなこと』も大切です。

「お客さんの幸せ」というと綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、自分の扱う商材によってお客さんが少しでもプラスになると信じることができなければ、営業の仕事を続けることは難しくなります。

であれば自分の扱う商材は『自分も好きで価値があると思えるもの』を選ぶべきです。

ただし雇われの身である以上、自分が心から100%信用して勧められる商品を扱っている会社はなかなか見つからないと思います。

その場合は『少しでも自分の興味がある商材を扱っている会社』を探してみましょう。

例えばお酒が好きなのであれば『ワインの営業』、メカが好きなのであれば『車の営業や医療機器の営業』、人が好きなのであれば『結婚相談所や人材派遣の営業』といった具合です。

自分が興味のある業界であれば、商材に関する知識や勧め方なども自然と身についてくるはずです。

これが2つ目の『商材を軸に転職を検討してみる』という対策です。

Webマーケティング業界へ転職してみる


上記2つの対策がどちらもイマイチという場合は、思い切って『Webマーケティング業界』へ足を踏み入れてみるという方法はいかがでしょうか?

Webであれば直接お客さんと顔を合わせる機会は少なくなりますし、言葉や仕草ではなく『文章力』で勝負することもできます。

私も長らくWebマーケティングの世界に居ますが、Webはこれからもどんどん伸びていく業界であると感じていますし、何よりとても面白いです。

Web上のマーケティングでは顧客の反応や売り上げ、またどういった方たちが商品に興味を持っているのかといったデータが全て明確な数字となって現れます。

広告に使う画像や文字の色、文章の構成などでお客さんの反応が大きく変わる点もとても興味深く、少なくとも飽きることがありません。

また私のように独立すれば自分が本当に使ってよかったと思える商品や本当に良いと思えるサービスだけをお客さんに勧めることができるので、仕事に対する罪悪感も無くなります。

もしポコリーマンさんが営業の本質的な「人と人の繋がり」という部分が好きなのであれば、Webマーケティング業界への転職もお勧めです。

参考 3ヶ月でWEBマーケッターを目指す【Wannabeアカデミー】株式会社Shareway


またリサーチの途中で見つけた上記のスクールであれば、3ヶ月で基礎的なWebマーケティングの知識を学ぶことができて『実務経験』も得ることができるそうなので、転職の際には有利かもしれません。

以上が今回、私のリサーチした調査報告となります。

本記事がきっかけで、ポコリーマンさんがより良い仕事ができることを願っています。

まとめ
  • 自分に似た性格の先輩を探してみる
  • ・自分に似た先輩の仕事や話し方を真似てみる
    ・可能であれば直接本人から指示を仰ぐ
  • 自分の興味がある商材を扱う会社へ転職してみる
  • ・自分が興味のある業界であれば、商材に関する知識や勧め方なども自然と身に付く
  • Webマーケティング業界へ転職してみる
  • ・Webであれば直接お客さんと顔を合わせる機会は少なくなる
    ・言葉や仕草ではなく『文章力』で勝負することができる