「家族でお出かけをした思い出を残したいです」30代男性

「家族でお出かけをした思い出を残したいです」30代男性

この記事を書いた人
山田ライオン
ピスタ代表

学生時代は生徒会長を務める真面目な生徒として過ごすも親の離婚をきっかけに不良の道へ。更生し20代前半で友人ら3人と会社を興すもすぐに失敗。その後アルバイトを掛け持ちしながらWebを学び2014年に独立。Webディレクターとして手がけた最初のサイトは月間130万PVを誇る人気サイトに。2020年「もっと誰かの役に立ちたい」と0から『お悩み相談サイトピスタ』を設立。好きな寿司ネタはびんトロ

今回のお悩み


先日から私の会社がリモートワークとなり、息子が通う小学校も休みになりました。


そのおかげというと変ですが、久しぶりに家でゆっくりと妻や息子と話をすることができました。


私の仕事は残業が多く、休日も家で寝ていることが多いので、ここ何年かは家族で出かけた記憶がほとんどありません。


しかし今回、家族でゆっくりと話す時間ができたおかげで、今まで自分がどれだけ家族をないがしろにしてきたかを知りました。


今は自粛中ですが、解除された暁にはどこか家族で思い出に残るようなお出かけが出来ないかなと考えています。


時間や予算的に海外旅行は無理ですが、少し遠出をしてもいいので国内限定で家族との思い出作りができるようなお出かけプランがあればぜひアドバイスをお願いします。


田中ブルさん(30代・男性)


自粛がきっかけとはいえ、ご家族でゆっくりとした時間を過ごすことができた田中ブルさんご一家をとても羨ましく感じました。

家族での会話の時間というものは本当に尊く、何よりも大切な時間ですよね。

田中さんのお悩みを聞いて、私も近いうちに家族でゆっくりと話ができるような場を設けようと思いました。

少し私的なお話になってしまいましたが、今回は『思い出に残るお出かけ』をコンセプトに、田中ブルさんご家族のお出かけプランについてリサーチしてみました。

当初は国内の人気スポットをいくつかピックアップしていき、それらをまとめる予定だったのですが、これでは『思い出に残るプラン』というコンセプトに対して少々弱いのではないかと思い直しました。

そこで本記事では『思い出に残る家族のお出かけプランの立て方』という田中さんのご家族が話し合って行き先を決められるよう、下記のような形でまとめてみました。

  1. まずはみんなで行きたい場所を言い合おう
  2. 旅行プランを決めよう
  3. 事前に現地の情報をリサーチしよう
  4. 旅のしおりを作ろう

田中ブルさんご家族にとって、本記事が少しでもお役に立てることを願っています。

① まずはみんなで要望を言い合おう


思い出に残る家族のお出かけプランを練るために、まずは田中ブルさんのご家族みなさんで「行きたいところの要望」を出し合ってみましょう。

このときは具体的にどこへ、といった場所ではなく「きれいな景色が見たい」「おいしいものが食べたい」「癒されたい」など抽象的な意見を自由に出し合っていきます。

場所を限定してしまうとどうしても頭の中のイメージもそれに沿ったものになってしまうため、まずは余計な概念に囚われずに自由な意見を出し合ってみましょう。

本記事を執筆するにあたり、様々な旅行サイトだけでなく個人の旅ブログやSNSなどからもリサーチを行なったのですが、思い出に残るような旅行にするためには「旅の目的を最初から決めておくこと」が非常に重要であるようです。

ですので、ご家族全員分の要望がきちんと詰まった旅行プランを作りあげるためにも、ここは遠慮せずに自分の意見を言い合いましょう。

② 旅行プランを決めよう


ご家族の意見が出揃ったら、次は具体的なプランを決めて行きます。

出し合った要望を全員分、100%叶えてくれる場所はなかなか見つからないかもしれませんが「じゃあこれは次回の旅行にとっておこう」などの妥協案も含めながら、できるだけ全員が納得できるようなプランを練ります。

この際にはプランニングを手助けしてくれる、下記のような旅行専門のサービスサイトを見ながら決めていく方法もおすすめです。

参考 旅を楽に、もっと楽しく!【旅楽(たびらく)】株式会社SEEC

③ 事前に現地の情報をリサーチしよう


お出かけプランが決まったら、次は旅先の情報を集めます。

「旅行の行先を事前に調べるの?」と思われるかもしれませんが、このひと手間をかけることで旅の楽しさの幅をさらに広げることができるといいます。

このときは一般的なガイドブックを参考にするのもいいですが、個人の方が書かれているブログやSNSでのリサーチなども参考にすると、よりディープで地元の人しか知らないようなレア情報が見つかることもあります。

公になっていない分『自分たちだけが知っている思い出』として記憶に残すこともできるので、ぜひともこの事前リサーチも行ってみてください。

④ 旅のしおりを作ろう


最後はこれまで話し合ったことや調べたことをまとめて、ご家族オリジナルのしおりを作ってみましょう。

できればこれをご家族全員分作成し、当日の旅行に持参します。

このしおりは旅行の最中のガイドブックとなるだけでなく、旅行から帰ってきた後にも大切な思い出として残ります。

スケジュールを書き込んでみたり、チェックリストをつけてみたりと作り方は自由です。

できればイラストや写真も添えると、見た目も楽しいしおりとなるでしょう。

以上が今回、私のリサーチした『思い出に残る家族のお出かけプランの立て方』です。

本記事が田中ブルさんご家族のお役に立てることを願っています。

まとめ
  • まずはみんなで要望を言い合おう
  • ・抽象的な意見を自由に出し合おう
  • 旅行プランを決めよう
  • ・お互いに譲り合う気持ちも忘れずに
  • 事前に現地の情報をリサーチしよう
  • ・事前情報のリサーチは旅の楽しさの幅を広げてくれる
  • 旅のしおりを作ろう
  • ・ガイドブックとしてだけでなく、旅行の後の思い出にもなる